スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初観戦 

シゴトから帰ってきたお嬢が、部屋に入るなり。

「なんか、カーリングにオジョーそっくりな女の子がいるらしいぞ」


すでに気づいてはいた。
ただ、お嬢はカーリングにキョーミがないので言わなかっただけ。

そして、女のコには「誰かと似ている」という事実を知らせるときには、どちらに転ぶか判らない。
笑いにつながるのか、怒りにつながるのか。

だから基本的に、気づいていても言わない。
そんなリスクを負ってまで言う必要もないと思うから。

逆に考えれば、リスクに繋がる恐れさえないのなら言ってしまうけれど。


o0800045012846367043.jpg


吉田知那美ちゃん。

けっこう似ている気がする。
ほっぺたの感覚が特に。

SCbZTFz.jpg

この顔はホントによく似ている。
ほっぺたがアンパンマンっぽいし。

(吉田ちゃんファンの皆さん、ごめんなさい)


果たしてカーリング観戦をしたお嬢。

「おお、あたしだ…」


重ね重ね、吉田ちゃんファンの皆さん、ごめんなさい。



しかしレジェンド、次を目指す発言。
ピョンチャンどころか、その次まで目指してしまえ。(笑)

コンバインドの渡部暁くんも、「まだまだこれから」と言っていた。
41で「まだまだ」と言えてしまうレジェンドには、脱帽しかない。

銀メダル獲ってなお、にこやかに「まだまだ」と言えてしまう、こういう選手が増えるのはいいコトだと思う。
銀を獲っても選手は「ごめんなさい」といい、観客はガッカリするという風潮があるから。

時代は確実に変わってきている。
そもそものオリンピックの精神を思い出そう。



スポンサーサイト

41歳 

レジェンド~~~~~~(T_T)




愛してるぜ、葛西。


オッサンの星だ、やっぱり。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。