スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去就 

小渕さんは大臣辞任。

いや、これは議員辞職じゃないのかね。
大臣を辞任すりゃいい、ってレベルじゃないような気が。

まあ同情はするけどね。

古い選挙、古い政治をやってきた親の負の遺産だろうから。
地元の元秘書だか言うオッサンが町長を辞任したのだって、体のいいスケープ・ゴートなんだろうし。

よくも悪くもお嬢ちゃんセンセイなんだろうなあ。
古い時代のジジババからすりゃ、こんなに扱いやすいセンセイはいないだろうよ。


ただ法務大臣。
オマエはダメだ。

顔も声もしゃべり方もしゃべっている内容も、国民感情をサカナデしている気がしてならない。
しかもなんで、あんなにヘラヘラして喋れるのかがフシギ。

あのヘラヘラって、とある発想の人達に共通している気がする。
周りがバカに見えて仕方のない人。

あの大臣も、スーパーエリートで東大でしょ。
だからたぶん、自分のコーショーなシソウにはついて来られないバカ者どもが何言ってんの、くらいにしか思ってないんじゃないかなあ。


こういう人たちのせいで、「だから女は」って言いだすヤツらも出てくる。
女がダメなんじゃなくって、ダメな女がダメなんだけどなあ。

もちろんそれを見抜けずに「抜擢」したアベちゃんがいちばんダメ。
それをどうにもできない与党も、揚げ足ばっかとってる野党もダメ。

なんだ、政治家ってダメばっかじゃん。(笑)


稲葉、お疲れ様。
政治家の去就より、稲葉の引退のほうが一面で扱われる世の中であってほしい。



遅くなりましたが、今週からコメントに返信をはじめます。
古い記事のにまでは時間かかると思いますが、気長にお待ちくださいませ。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。