スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼称 

なんかね、女性たちから非難轟々の気もするんだけど。


前職でよく絡んでいた女のコがいる。
シゴト的に必要なつながりだったので絡んではいたが、人間的には苦手なタイプだった。

ルックスは高め、がんばっておカネ稼いで高級ブランド品を持ち、流行の中に必ず入っていく女のコ。
その上、オッサンたちにも愛想いいから、シゴト関係の男性陣からはチヤホヤされていた。

そんな彼女から連絡が入り、食事をするコトになった。


要するに、最近チヤホヤされないのが気になっているらしい。
愛想いいけど、シゴトが取り立ててできるワケでもなかったしね。
まあできないワケでもなかったけど、本人もそれを自覚していたからか、愛想よくしていた部分もあったんだと思う。

「やっぱりトシなんですかね…」
「若いコには勝てないってコトかぁ」

なんて言っている彼女。
常々「オンナは30から」と言い続けている小生に救いを求めたのかもしれない。

小生が「オンナは30から」と思っているのは、若い女のコにはない「オトナ」の部分が出てくるからなのであって。
ところが彼女には「オトナ」の部分が感じられない。

若い女のコたちに、同じ土俵で勝負を挑もうとしているようにしか思えず。
ハッキリ言ってしまえば、潔くないように見えるのだ。

そんな「潔くない」のが見えてしまうのは、やたらと彼女が「女子力」というコトバを使うからだというコトに気づいた。


いや、日本語として間違っていないのは判るよ。
「女子」を辞書で引けば、「ご婦人」の意味もあるからさ。

でもやっぱり、どんな年代であっても「女子」を名乗るようになったのは、ここ数年のコトだと思う。
オッサンにとって「女子」っていうのは「女性のコドモ」という意味がポピュラーなんであって、ある程度歳を重ねた女性は「女子」の範疇じゃないんだよなあ。

だから失礼ながら、「女子」にこだわっている間は、どうしてもオトナの女性として見るコトができない。


「女子」という呼称に対する違和感。
これは女性と男との間で異なるものなのか、それとも一部の女性たちだけが流行に乗っているものなのか。

そんなコトを考えつつ、彼女に言うコトでもないので、はいはいがんばってね~というカンジで会食は終わった。



スポンサーサイト

コメント

こんばんわ。

「食事だけかい?」の一言コメント書き込みでした。

「なるほど~」
  • 2014/10/26 (日) 00:41 ★
  • URL ★
  • [ 編集 ]

あぁ・・・この手の女性、苦手というより嫌いです。
勘違いも甚だしい。オンナを売りにしちゃ競争社会を生きぬけません。
  • 2014/10/26 (日) 06:51 ★
  • URL ★
  • りょうこ
  • [ 編集 ]

あはは~私も最近の「女子なんちゃら~」違和感覚えます、。
女子は「女子便所」くらいで十分です!

もう よそ様の猫に向かっても子供に向かっても「おばちゃんね~」と
やっと いえる様になりました~大人になったわ~(笑)
  • 2014/10/26 (日) 21:10 ★
  • URL ★
  • 花あじさい
  • [ 編集 ]

女子・・・読んで字の如く。女の子どもです。日本の社会は若い女性に重きを置いているので思慮の足りない女はそれに振り回されます。哀しいことに。
  • 2014/10/26 (日) 21:34 ★
  • URL ★
  • もこ
  • [ 編集 ]

おそらく、それなりの社会経験をして来た「女性」にとって「女子」という言葉には、抵抗感があると思いますよ。
私は、「女子会」とか「女子力」という言葉は、抵抗感があるというよりも嫌いな言葉かな~。
あと・・・「美魔女」という言葉も、嫌いな言葉。
  • 2014/10/27 (月) 07:11 ★
  • URL ★
  • のんチャン
  • [ 編集 ]

日本全体総低年齢化でしょうね

勝負は自分の勝てる土俵でやんないとですね~
敵の土俵で勝負しちゃアカンでしょ・・・

というか・・・自分の土俵がどこかなんて客観視できないオコチャマってことですかね~苦笑

女子って中高生までだとずっと思っていましたが・・
確かに女子ではあるけども、無理を承知で婦人と思われたいと意識してたなぁ、の20代。無理だったけど><;    憧れるご婦人というお手本が、確かに居ました。

若さをもてはやし、美しく年齢を重ねる を 見もしない世間って幼稚すぎやしませんか?  落ち着いて見渡せば素敵な女性が沢山いらっしゃるのにね。
あ、男の目線が女を成長させるって、ある意味ではほんとですね・・姿勢良いのが良いと男性が騒げば、きっとあっという間に女の子達の歩く姿が綺麗になるんじゃ・・?
えっと、何を言おうと思ったんだったかな・・・><:

  • 2014/11/05 (水) 04:47 ★
  • URL
  • クウーママ
  • [ 編集 ]

こんばんは

女子…私の周りでは50歳を越えて使っている方もいます…
こちらは前向きな印象です。大阪のおばちゃん的な。

今の時代“年を取ると女性としての価値が落ちる”
と思っている方が多いので
年齢を重ねることに対する恐怖心は昔よりも強まっているのかもしれませんね。
20年前よりも初婚&初産の平均年齢も上がっていますし
働く女性にとって“おばちゃん”と呼ばれることに対する恐怖心は比べ物にならないかと(笑)

思わず初コメントさせていだきました。失礼いたしました。
  • 2014/11/28 (金) 21:53 ★
  • URL
  • にこらうす
  • [ 編集 ]

コメ返、遅くなりまして申し訳ありません。

★ Yuusuke320さん
食事だけでした。(笑)
ご期待に添えず、申し訳ありませんでした。

★ 名無しさん
ご納得いただけて何よりです。

★ りょうこさん
まあ女性からもよく見られない可能性高いですよね。
ただそれでチヤホヤしちゃう、権力を持ったオッサンたちがいちばんのガンなのですが。

★ 花あじさいさん
聞いて違和感を覚える人のほうが多いと思うんですけれどね。
女子便所に加えて、女子更衣室くらいですかね。( ̄∇ ̄;

★ もこさん
若い女性ってだけで勝ち、って思ってる若い女性も多いですしね。
そういう意味では、自分の強みを判っているのが強かというか…。

★ のんチャンさん
結局その、社会経験がないからこその裏返しになっているのかもしれませんね。
自分で築いてきたものを確固として持っていれば、別に若くなくてもどうでもいいんですし。

★ 桔梗さん
自分を客観視できなければ、自分の強みも判らんですからね。
自分の立ち位置を見極めるチカラってのは、生きていく上で不可欠なものだと思います。

★ クウーママさん
たしかにテレビなんかで、ご意見番として出てくるベテラン女性が和田さんやらピン子やらデヴィ夫人ばっかりじゃ、若い女性の手本にはなりませんものね。(笑)
良くも悪くも、マスコミの創りだす流行に乗せられているだけなのかもしれません。

★ にこらうすさん
恐怖心、みたいなものですか…。
「オバちゃん」よりかは「ネーちゃん」って呼ぶコトのほうが、別紙が入っていると思うんですけどね…。



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。