スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公害 

未明に救急車の音がけたたましく鳴った。
止まったのは隣のマンション。

急病人が出て大変だったのかな、と考えていた。
今朝になって同じマンションの人に聞いたら、2Fに住む酔っぱらいが吹き抜けから転落したらしい。
命に別条はない、とのコトだが。


そう判ったらハナシは別。
急病人に対する同情じみたものを持っていたのだが、酔っぱらいに対する憎悪しかなくなった。

だから酔っぱらいってキライなんだよ。

以前から書いているが、タバコ吸いに比べて、酒飲みは甘やかされている気がしてならない。
酒がキライな人間にとっては、酔っぱらいの息の臭さも公害レベルなんだけど。


せっかくお嬢と愛し合っていたのに、救急車の音で萎えてしまったこっちの身にもなってみろ。



スポンサーサイト

コメント

近所にふざけた酒飲みがいましたね。私は酒とたばこは絶対やらないと子供のころから決めていました。健康のために葡萄酒などの果実酒はのみますが。兄姉等は皆酒をのみます。
  • 2015/01/19 (月) 08:29 ★
  • URL ★
  • ふくちゃん
  • [ 編集 ]

★ ふくちゃんさん
ふざけた酒飲みのせいで、酒に対するイメージがガタ落ちするんですよね。
あと、「酔っ払ってるんで…」って言い訳で、いろいろ済ませようとするのも気に入らないです。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。