スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母音 

イカツイ見てくれをしているが、声は高いほうだ。

フツーにしゃべっているときはそんな気になるレベルじゃないと思うが、歌っている声を聴くと、「ああ、高いトーンだな」と自分でも思う。
吉川晃司みたいな低い声に憧れていたのに。(T_T)

だからカラオケに行くと、見てくれと声とのギャップにビビられるコトがある。
もしくはライブで歌っているのを聴かれたときにも。

年末のライブで高野寛の『虹の都へ』を歌ったのだが、その日のフェイスブックには小生の声に対するコメントがいくつか書かれていた。
80~90年代を楽しんだ人(もしくは『ねるとん紅鯨団』をよく観てた人)にしか判らない曲なので、いちおうYouTube。




先日、カラオケに行った。
やっぱりカラオケは年齢の近い人でいったほうが楽しいね。

仕事がらみでオッサンたちや若手と行くのもいいけど、結局聴いてきた曲が違うから、歌っているのを聴いても楽しめない。
ただ聴いているだけだと独演会の雰囲気だし、上手い人ならともかく、そうじゃないなら拷問になってしまう。
以前21歳のフーゾク嬢さんと行ったときには、死刑宣告を受けた被告人のようなキモチで2時間を過ごしたし。

年齢が近い人たちとなら、曲と当時の自分たちがリンクしてくるのでハナシも盛り上がる。
同時に、ああこんな歌い手さんいたっけね、なんてところでも盛り上がれる。


90年代にCMタイアップ曲を連発していた、とある歌い手さん。
その方と小生の声とが似ている、と言われた。
人生で2度め。

まあ似ていると言われれば似ている気がする。
でも歌い方が似ているわけじゃない。

声そのものでもなく、ただ母音の伸ばし方が似ているのだ。
子音の発声もそんなに似ていない。


そう説明したところ、興醒めされてしまった。( ̄∇ ̄;

いや、言語学やってると、そういうところが気になってしまうのだ。
悪いクセだとは判っているんだけれど。

「もう、似てるって認めれば、それでいいんだよ」といくら言われても、そこは譲れない。(笑)
だって、似てる率で言えば40%もない(当社比)部分だから。


ちなみに、その歌い手さんは誰なのか。
失礼すぎるし、申し訳ないのでナイショというコトで。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。