スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間 

さって、と。
更新すっかなー。


しばらく更新していなかった。

うん。
「できなかった」ではなく、「していなかった」だな。

なんかブログ書くのが義務みたいになってきちゃって、しばらくリセット期間として休ませてもらっていたのだ。
詳しく書かずにいきなりストップさせてしまったにも関わらず、定期的に覗きに来てくださった方には申し訳ないとのありがたいのと。


休んでいる間にもいろんな意味で充実した日々を味わってはいた。
いちばん充実感を味わったのは、レベッカのライブかな。

7月末に豊洲、つい先日の横浜アリーナ。


そりゃ25年近く前の勢いはない。
でも、それを補えるだけの「ウマさ」はやっぱりあるもの。

テクニック的なウマさで言えば、小難しいいろいろをやっている分、イマドキのバンドたちのほうがあるに決まっているんだけど、やっぱり当時の客を飽きさせないウマさっていうのかな。
もちろん再結成ってだけでうれしいのだけれど、聴くほうとしては不安もあるワケで。

どーせNokkoの声は出ないんだろうなあ、とか。

ライブはじまったら、不安は杞憂に。
いや、当時ほど声は出ていないにしても、これだけ出てりゃ問題ないわな、と思えるし。
何よりわれわれ客を、25年前と同じ雰囲気に戻してみせるっていう空気に、エンターテイナーとしての底力を観たカンジ。

これってスゲぇなあ、と思う。

80年代に全盛だったバンドが再結成したときにはいろいろ観にいっている。
レベッカだけじゃなく、COMPLEXもいったし、バービーもプリプリも観た。

みんなやっぱり同じ空気を出してた。
バービーで言えばコンタなんて高音部ヒドかったし、イマサのギターも荒かったし、プリプリの奥居ちゃんもシンドそうだったけれど、それでも。

時間を「あのころ」に戻してくれるヒーローであり、ヒロインだ。
だからこれからも、「再結成」と聞けば行っちゃうに違いない。

誰にとっても、自分が一番熱かった時期のアーティストが永遠で、ソイツらがいちばんなのだ。



スポンサーサイト

コメント

ごぶさたです

自分も12日にぷらっとこだまで行ってきました
声もだけど あいかわらずNOKKO跳ねてましたね
幸せでした
  • 2015/08/17 (月) 12:24 ★
  • URL ★
  • 小々次郎
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。