スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年度 

新年度が始まり、おかげさまで会社としては好調。
業務拡大に伴い、新人も入ってきた。

小さい会社なので、全員がどの業務もこなせるようでなければいけないし、フォローしあわなければやっていけない。
でも新人にいきなりそうなれ、というのは酷。
新卒ならなおさら。

できるコトから任せて、時間をかけて育てていきたい、というのが年度末のミーティングで話し合って決まった。
ところがこの新人さん、昼の休憩でさえ、メシを食いながらいろいろ資料を眺めている。
やるときとやらないときのメリハリをつけなければ、いつかパンクしそうで怖い。


やる気があるのはいいんだけどね。
やる気はいいけど過信はいかん、と、かの岩鬼さんもおっしゃっている。

何より一生懸命やられてしまうと、昼メシの後の休憩が取りづらくて。( ̄∇ ̄;
こっちはいかに手を抜くかしか考えていないというのに。



同窓会 

小生と弟は双子。

「双子なのに」というコトで、あらゆる場面で比較されながら育ってきた気がする。

特に言われてきたのは、人当たりの部分。
物心ついた頃にはすでに、小生は人見知りが激しく、人を選んでつき合うようにしていたのに比べ、弟は誰とでも仲良くなれるという違いがあった。

いつでも険しい表情を浮かべている小生と、にこやかにいる弟と、おそらく外見のパーツに大差ないものの、間違われることはほとんどなかった。(笑)
今となっては、小生もにこやかな表情を出せるようになっているので、間違われるコトも多いのだが。( ̄∇ ̄;


今日は小学校の同窓会だったらしい。
らしい、というのは、小生に直接の誘いは届かなかったから。

家庭にいろいろ事情があって、もともとの苗字とは違う、本家の苗字を名乗るようになったのは大学院に入ったタイミング。
だから小学校時代の名前では、ググろうとフェイスブックで探そうと、小生にはたどり着けないのだ。

今でもつながりのある、小学校の同級生は二人いる。
その二人も、弟も、小生が同窓会を好まないのは知っているので、あえて伝えなかったと言っている。
もっとも三人とも、幹事から小生に伝えるよう言われたらしいが。


正直、その二人とつながりが続けばそれで満足なんだよね。
なんなら弟だってどうでもいい。(笑)


イナカの小さな町立小学校で、学年2クラスだったから、全員そろっても70~80人。
それでも今会ったところで「誰だっけ?」となるコトも多いだろうし、そういうのでシラけさせたくない。

参加している弟から実況写メが送られてきて、いちいち誰だか紹介はしてくれるんだけど、半分以上は誰だか判らん。( ̄∇ ̄;

たぶん、興味の向く範囲がとんでもなく狭いんだと思う。
キョーミあればいくらでも没頭できるけど、なければ知ったところですぐ忘れてるし。
人間には少なからずそういう部分はあると思うんだけれど、だぶんそれが極めて強く出るタイプなのかと自己分析。

こっちはこっちで楽しんでるぜ、と、上記の友人二人といっしょに、写メ送り返すかとも言っていたが、さすがにオトナ気なさすぎるので止めておいた。



新年会 

新年早々、ご覧くださっている皆様にはご心配をおかけしました。

しばらくは死んだように過ごしていましたが、今はもう9割型回復。
食いたいもんも食えてますし、シゴトにも問題なく通っている状況。


そんな中、新年会が続いている。

続いているとは言っても、忘年会ほどでもなく、3日連続程度。
大学時代の仲間、オッサンの会、シゴト関係。


大学時代の仲間とは、すでに25年以上のつきあい。
人生の半分以上をいっしょに過ごしているコトになる。

たまたま同じ大学に入っただけで、出身地も違えば、年齢もビミョーに異なる。
そんな連中が、たまたま同じ授業に参加していたというだけで、人生の半分以上のつきあいだもの。

縁ってのは、どこでどうつながるか判らんものだ。
もちろん、いつまで続いているのかも判らんのだけれど。


オッサンの会は、前職(今の副業)つながりで知り合った、割合トシの近い集合。
わかりやすく言えば、70年代の生まれってだけ。

年代的にね、会社内での立場も難しくて。
そのガス抜きのために集まっては、ストレス解消をしている会だ。


帰り道の電車がいっしょになったFさん。
Fさんから、ちょっと相談に乗って欲しいので、時間を作ってもらえないか、と。

そして昨日の昼、ランチを伴にしてきた。
某高級ホテルのランチバイキングをオゴらせてやった。(笑)


要は起業するのだ、と。
需要のある分野だし、目のつけ所がいいなー、と思いながら聞いていた。

このトシにもなってくると、理想だけで動けた若いころとは違って、世の中のいろいろな部分もそれなりに知ってしまい、理想は持っていてもなかなか動けないジレンマを抱えたりもしている。
現実を判っていても、やっぱり志は大事にしたいし、志を持っている人は応援したい。

だからチカラになれるものならなりたいと思うし、時間の許す限り協力は惜しまない。
そして、金銭面でないところで人から頼られるのは、ちょっと誇らしかったりもする。

でも、責任の伴う立場はカンベンだなー。(笑)



大晦日 

当ブログ読者の皆様へ


本年は転職という、人生においても大きな転機があり、ブログの更新やコメントの返信もままならぬ状況でご無礼をいたしました。
そんな状況下でご覧下さり、ありがとうございました。

ブログの方向性も大きく変わり、日常と社会をつらつら綴っている形になってしまい、需要があるのかと考えたコトもあるのですが、けっこうな数の方々がご覧くださっているようで…。

当初は風俗と競馬メインだったのに。(笑)


多くの方々の励ましがあって、今年もやってこられました。
リアルなつながりの方、ブログつながりの方。

人の助けがなければ、生きていけないというコトを痛感した一年でもありました。
来年も皆様に助けられながら生きていきたいと思っています。(笑)


どうぞよいお年をお迎えください。



忘年会 

忘年会が続いた。

前のシゴト(今でも副業としてやってるけれど)、今の仕事がらみで、なんだかんだで9連チャン。
飲めない人間にとって退屈な部分はあるが、いろんな人とつながりを持っておくコト自体はプラスだと捉えているので、苦にはならない。

特に今年の転職においては、ホント人とのつながりで助けてもらってばっかりなので。
やっぱり人脈ってのは重要だと思う。


さて、忘年会。

前職はともかく、現職つながりの方だと、知らない人も多い。
もっと言えば、顔は知っていてもロクに話したコトのない人を含めれば、それがほとんどで。

必然的に自己紹介的な会話を、いろんな席でするコトになる。
深い話するよりはずっとラクなんだけど、何度も話すのはちょっとめんどかったりもする。(笑)


けっこう食いつきがいいのは、お嬢に関するハナシで。
やっぱり10歳以上離れているからなのか。

で、お嬢のハナシをいろんな席で軽くしていたところ、とあるマンガ(アニメ?)の登場人物に似てる、と評されるコトが2度あった。
1度なら気にもならないが、2度あるとなると、そんなに似ているのかと、ちょっと気になった。

マンガ喫茶でその漫画を読んでみた。


うん、似てる。(笑)

もちろんそこまでデフォルメされたキャラとソックリなワケもないが、いろんなエピソードに重ね合わせるコトはカンタンにできてしまった。


家の本棚、小生のコーナーに、ゴルゴと『うちの大家族』に加えて、3つめのマンガが加わりそう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。